かとりのひとり戦争(終結)

どーもご無沙汰しておりましたかとりです。
ずいぶん間が空きましたが実はかとりはフツーに就職活動をしていたので更新が止まっていたのですよ~
別にかとりはフツーに学生でフツーに就職するような学年になったからしてただけで(意味深)みたいなことはありません!!
まぁおかげさまでテケトーにフツーに内定を頂きましたので復帰した次第です。

 さて、今回のかとりの新作は前回からのシリーズ物でプリティーリズム・オーロラドリームより春音あいらです!
ポーズはキャラソンCDからになります。しかし先ほども述べたように就職活動をしていたのにも関わらずあいらを作っていたんですよね~本当は作るつもりはなかったんですが劇場版プリパラの徹夜で映画のルート分岐1-4まで観るという頭おかしい企画でルート1だけを見に行った時のあいらコールでテンションあがってなんか作るって決めちゃいました。(ライブをひたすら流すような映画でサイリウム振ったりなどが許可されてます)普通に作ってもやばいスケジュールなのに前作のりずむちゃんの完成品全部ボッシュートされて「まぁ適当に作れば同じサイズになるよね!!」って作ったら1/6サイズくらいになってそんなこと言ってたら5月になってたので実質作り始めたのが5月からとの酷い有様でした・・・しかし前回のりずむちゃんより完成度を高めるように頑張って作ったので原型公開はもうちょいお待ちください!(土曜フルで休みじゃない佳奈しい現実)

 続いてRさんの新作はサノバウィッチより因幡めぐるになります。サノバウィッチとはゆずソフトから今年発売されたPCのアドベンチャーゲームです。ちょっとエッチすぎるので詳しく知りたい方はゆずソフト公式ページへどうぞ・・・(OPは米倉千尋が歌ってるんですよ!!)オススメです。製作者ではないのであまり言えませんがめぐるさんのフィギュアの衣装は製作者Rさんの極めて特殊な嗜好により実現したものであると証言します。あえて制服姿で作らなかった(作れなかった)理由をお察しください・・・・・

そんな感じの部長部新作状況でしたー

 ある意味話題な前回のエロゲレビューはアストラエアの白き永遠でしたけどこの後は就活もあったためあまりやってません。確か3/1の就活解禁日はサノバウィッチやってて、リクナビとかの大きなイベントに友人が行くのを「お前が行くとかマジかよ!!」なんていいつつガチで1日中してたのは覚えてます。1週間くらいで全クリしました。その後は就活終えた後に蒼き彼方のフォーリズムをやりました!その程度の健全なかとりです。

ちなみにこの記事を書いた日はBugBugの最新号の発売日でそれに ハナヒメ*アブソリュート の初体験版(ミニ)が付属するのでテンションアゲアゲで済ませました。いや~中々期待できそうな感じで高まってきましたね!!!!

(※ハナヒメ*アブソリュート!とは人気作ティンクル☆くるせいだーす(クルくる)スタッフが送る最新作です。エロゲらしからぬ奥深いゲーム性と無駄に凝ったおまけ要素その他色々で話題を呼んだクルくるの流れを汲むとして発売前から話題になってるのです!!)
クルくるからは過去にマカロンとルルシェを作っているので色々な意味で楽しみですね~個人的にはハナヒメ*アブソリュートなら猫屋敷メアがいいと思います!!

ではではたぶん次は新作を公開できると思いますのでよろしくです~


アストラエアの白き永遠攻略完了!!

タイトル:アストラエアの白き永遠 メーカー:Favorit
ジャンル:アドベンチャー
ゲーム属性,シナリオゲー, 攻略可能人数:6人 ,プレイ時間:about 40h

さて、ワンフェスも終わったことですしエロゲ成分補給のために全力でやりました!
ある意味好評なエロゲレビュー記事だぜ!

アストラエアの白き永遠は能力(ルーン)を持つ能力者(エルフィン)である主人公榛名陸が
数年前から積もらない雪が降るようになった土地、月ヶ咲を舞台に異常気象の原因を突き止める中で
ヒロインとイチャイチャしたりルーンの意味を知ったりするお話です。

 このゲームはヒロイン攻略にロックがかかっています。攻略順は物語の理解に大きく影響を与えると思うので重要です。
おすすめは 一夏⇒琴里⇒落葉⇒コロナ⇒りんね⇒雪々 です。正直最初の二人は物語的に重要ではありません。しかたないね・・・

では各ヒロインそれぞれ感想を(ネタバレ全開注意)

夕凪一夏
 でたな、ピンクツインテール元気っ子…。導入シナリオです。エルフィンとして覚醒しルーンの扱いを主人公に習うにつれ仲良くなるというわかりやすいシナリオ。一夏の悩みは研究熱心で家族を顧みない上に分かり難い性格の姉。姉が心配だけど姉の態度がクールすぎる。そんな姉との問題を解消する話。ぶっちゃけ話としては本質を突く要素はなく話も微妙に繰り返してる感があるので…ただしエッチッチシーンは何故か3つと優遇。
実は一夏より姉のが重要人物なのは誰もが認めるだろう

水ノ瀬琴里
 うらはらツンデレ剣士。アポーツ(遠隔移動能力)を使う剣士である。主人公とは違うヴァルハラ研究所所属であり、主人公とぶつかる中で仲良くなる。悪くなかったけど趣味じゃないのであまり言うことはない。この√で重要なのはルーンは成長するといこと。

橘落葉
主人公の下宿先の女の子。主人公が所属する機関の所長の娘でもある。おねえちゃん気質であり母は亡くなりクソ親父も家に帰ってこない中妹の葉月の母親代わりも務めている。一応絆がテーマの1つであるこの作品においてそれが最も感じられる√であると思う。気合い入ってますね。重要√の一つです。
ロリ優勢なフェイバリットにおいてかなり健闘していると思われる。

コロナ
 コロ助なり~有人惑星探査向けの自立ロボット(ヴァル研製)である。運用試験のために学校に通っているのだがその正体は!!エルフィンでした!!コロ助というあだ名のせいで巧妙にミスリードされたぜ…。作中最強クラスのエルフィンであり、通常エルフィンはサイコキネシスとテレパシー以外は特化した能力しか使えないのだがこのコロ助は大半の特化能力(アイルーン)が使用できるのである!自分に催眠をかけてロボットを振舞っていたのだ。コロ助の話は火星探査の話である。厳しい有人惑星探査のためにエルフィンを利用し、そしてもっとも優秀なコロナがそれを務めることになる。いきなり宇宙とかよくある脇道√ですね?って思うかもしれないが真ヒロイン以外ならもっとも重要な√と言えるかもしれない。
人気投票では低いですが結構好きです。

螢りんね
 主人公の仕事仲間。主人公は孤児であり昔から施設を転々としてエルフィンとして覚醒したことで現在の所属組織に拾われる。りんねもまた孤児であり過去主人公と同じ施設にいたこともある。りんねも後にエルフィンとして覚醒し、主人公の後を追うことになる。実は主人公の腹違いの妹である!お兄ちゃん大好きでいつでも主人公の事を追っている。ぶっちゃけ話の本質にかかわることはほぼ無い。話も主人公と結ばれる位のものでありCG数も1番少ない。でも大人気!!主人公への一途さが人気の秘密でしょう。

雪々
白きロリことゆきゆき。主人公がエルフィンに覚醒する直前に偶然知り合った友達。その正体は火星の極限環境生命体(星の極寒でも生きていける生命体)過去火星探査にてサンプルリターンに成功し、そこから得た物質によりある人物は人類初のエルフィンに覚醒し、ゆきゆきが誕生する。地球は遠からず極寒になり人類は死滅すると言われている。ゆきゆきがもたらしたルーンによって人類は宇宙へ進出可能となり人類滅亡を逃れることができる。
しかしルーンは人類には過ぎたものであり争いの原になってしまうとゆきゆきは考える。故にゆきゆきはルーンを回収することにする。ちなみにルーンの覚醒条件はルーン保有者と絆を結ぶことであり、ルーン保有者と仲良くなると覚醒してしまうのである。ゆきゆき√はエルフィンと人類の共生を望むゆきゆきの葛藤の話といえる…はず。最終的にはエルフィンと人類の共生の可能性が示され終わる。
ゆきゆきルートの主人公はどうみても犯罪者

 ちなみにコロ助√が重要と言ったのはゆきゆきが火星由来の極限環境生命体であるというのもあるが今後エルフィンと人類が共生して宇宙に進出していくであろうと言うことなのでコロ助√がないと1つの町で話が終わってしまい話の説得力と今後の可能性に具体性がなくなってしまうからである。本来エルフィンと人類が共生した後に行うことを現時点で行っているのでコロ助√が色々異色に感じるのは数世代先を行っているからであろう。
だから√最後のスーパー陸君をネタ扱いにするのは止めるんだ!!

総括
いやー長かった…悪くないけど長いっすね。要点をもうちょいまとめてほしいのと繰り返し表現が多すぎることが難点。シナリオゲーのような~キャラゲーかな?序盤二人でダレてると感じたら遠慮なくスキップしていいと思います!じゃないと最後まで到達できない可能性が高まる。しかし能力とか人類の滅亡とかなんだか若干Rewriteを思い出す内容でしたね。色々な補間はFDに期待。
お気に入りはコロ助と隠しのあの人(ただし攻略はできない)ですかね。攻略できれば確実に隠しの人なんですが…


Highslide for Wordpress Plugin