Information

お疲れ様でした

ワンフェス2017Winter 無事終了いたしました!
お越し頂いた皆様ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。

WF2017W現場


新年あけましてかのペロ☆

おはこんばんちわ~ 
あけましておめでとうございます。かとりです。
え?もう2月?いいんです!!そんなことよりもうワンフェス直前です。実は今回はもう二週間程前に完成品も完成していて余裕です。というか余裕すぎて始まってもいないのに終った感がすごいです。仕方ないね

さてさて新作はプリパラということでかのんにしました。かのペロ!本申請の時期はまだノンシュガー結成前でした。プリパラはプリリズと比較しても立体化が多いので作るにしても悩んだのですが、かりすま~とGIRLが気に入ったのとのんちゃんが思ったより良かったのでかのんにしました。たぶんネタかぶりしないしね!!いまでもトライアングルが好きなんですが正直年末のノンシュガー推しを見ているとかのんじゃなくて真のんちゃん作りたい感はありましたね。
プリリズ4つにプリパラ1のの間にエロゲ1なので最近は女児向けに偏っていたので次回はエロゲ原作にしたいと思います。プリパラもアイドルタイムになりますし様子見で。しかしエロゲ原作だと結構悩みます。去年は千桃、千恋万花、ハナヒメ、まいてつなど色々ありましたが製作難易度が高すぎたり公式で立体化したりあまりピンと来ていません。というかハナヒメはクリアしてない!!というわけで候補としてこの前アス永遠Finaleをクリアしました。アス永遠はレビューも書いてるのでよろピク☆まぁ素直な感想としては幸姉はいいんだけど即決とまでは至りませんでした。なんでだろ?ロリコンが悪化したからかな・・・次候補として今、ハナヒメを攻略中です。評判は様々ですがこのハナヒメのキャラザの面白さは近年のエロゲ随一だと確信しています。おもしろく、それなりに作りやすく、派手にできます。玲奈とかいいですねぇ・・・
他の候補として しゅがてん! です。しらたま先生の今風のかわいい原画にマッチした作品です。どう見てもごちうさ。しかし単純に真似ているのではなくエロゲに落とし込みつついい感じに作られています。音楽もいいですし背景、システムもいいです。雰囲気を大事にしている感じがしています。体験版の時点でかなり好感触で次回作はハナヒメかしゅがてん!の誰かになる可能性が高いです。乞うご期待!!しゅがてんはヒロイン3人でミドルプライスなのでやりやすいしオススメですよ!

 しかししゅがてん(体験版)とアストラエアFをやって思ったんですけどヒロインは最早そんなに数いらないですね。アス永遠は7人にもなるんですが正直多い。というかあまり重要でないヒロインとか産んじゃうくらいなら絞ったほうがいいですよ絶対。去年やった中ではワガママハイスペックがフルプライスで4人だったわけですが4人で十分ですね。どうせ個別入ればそのヒロインばっか出てくるわけですし人数が多いと人間関係が複雑になってその描写全部入れるなんて無理だし長ったらしくなるのでヒロインは少なめでいいです。そもそもそんなにプレイする時間ありませんしね!!実際去年はオトメ*ドメインという女装主人公物のミドルプライスエロゲがよく売れたそうです。セイイキシリーズなども出てきましたしおそらく今後ミドル、ないしヒロイン分割商法が流行るでしょうし、実態に即しているかと。あとエロゲ業界の流れとしてはダウンロードカードがディスクとともに付属するといったことですね。最近はゼロスピンドルノートPCも増えていますので良いかと思います。
さてさて次回更新はワンフェス後ですかね~今回は修羅場ってたので遅れましたが次回はワンフェスにしっかり書きます!たぶん!!ではでは~ワンフェスでボクと握手!!端っこでも来てくださいマジで・・・


2016年、投了

いやー今年ももう終わりですね~歳とると時間の流れが早くて仕方ありませんね。プリパラももう3年目ですよ。この前始まったのにぃ・・・・
 それはさておきワンフェスまであと60日。そろそろ近づいて参りました。原型師の皆さんはうつろな目で作業しつつ次何を作ろうかという高度な現実逃避をしているころではないでしょうか?
 かとりも次回作どうしますかねぇ~当初はエロゲオンリーだったのにいつの間にか女児向けが混じりだして最近エロゲ物をあまり作ってませんからね!そろそろ作らねばなるまいという使命感を感じています。最近クロシェットの最新作はるるみなもに!の体験版をやったのですが中々悪くないですね。特に妹の稚向津水緒里神こと山神水緒里が良いです。兄の呼び方は色々ありますが「おにぃ」呼びはさりげなく新鮮ですね。最近の妹キャラは極度にツンかデレに振れている節があるので直球な好意を見せないのが意外にも珍しく感じました。大抵の妹キャラはどこかぶっ飛んでるのですが(現時点では)神であることもあって落ち着いていてかつ暗くなく魅力的なキャラです!まぁもし付くとしても神様衣装はきっついですわ~。次回作は出来てばアッサリ気味で行きたいと考えているので水着かな?水着もかなり難しいけどね!!
 あと気になるエロゲはしらたま先生原画のしゅがてん!と星恋ティンクルです。まぁ次回本当にエロゲキャラを作るのかはまだまだ謎ですがお楽しみに・・・

 さて12月といえばボーナスの季節ですね。サンタさんの正体はボーナスです。かとりはUSB-DACに散財しました!marantzのHD-DAC1です!D/Aコンバーターにヘッドホンアンプがついたものなのです。これをUSBでPCにつなぐだけで簡単お手軽に高音質が楽しめます。コードがどうとかPCノイズガーとか電力会社ガーとかそんなオカルト混じりなことは一切気にしなくても問題ありません。
 よく良い音響を揃えると音源の良し悪しが出る。悪いヤツの粗が出る。みたいな話がありますよね~あれはどうなんでしょうか?個人的にはHD-DAC1を導入したことで全ての音源のレベルは上がったように感じました。ただし良くなる度合いが音源(録音)によって差があるように感じたので、このレベルアップの差が相対的に「粗がでる」という表現に繋がるのではないかと思います。
 よく音響を良くしてわかるの?アニソンでしょ?なんて言われますが良くはなりますよ、当然です。イヤホン、ヘッドホンなら3万位までは値段なりに性能も向上して違いもよく分かるはずです。それ以上は趣味ですね。最も効果が大きいのが出力(ヘッドホン、イヤホン)にたいして再生機器は縁の下の力持ち的な存在なのですが再生機器で違いがはっきり分かるレベルを要求するなら5万は余裕で超えるので正直趣味ですね。コスパ優先でいい音が聞きたいなら3万程度までのヘッドホン、イヤホンを買ってmp3のビットレートを256kbpsより下にしなければ十二分です。おすすめです。

 ちなみに画像のヘッドホンはATH-A2000Xです。オーディオテクニカAシリーズの前フラッグシップです。オーテクというと高音よりという評価が多いですがその中でも特に高音に振り切ってます。
2016y12m21d_015914799


か し こ ま

ご無沙汰のかしこま!かとりです!

さて、一応今月も更新します。みなさん11/15日放送のプリパラ122話「姉妹でかしこま!!」は見たぷり?単純にらぁのん好きが得するだけの話ではなくプリパラとして重要な回だったぷり!
 プリパラ3期では新キャラとしてトライアングルが出て実はのんちゃんの一人三役であることが判明。トライアングルはのんちゃん一人が考えた理想のアイドルで「み~んなトモダチ!み~んなアイドル!」というプリパラの方針とはある意味対立するものだったのけどそこに限界を感じてノンシュガーの結成に・・・という流れになるぷり。しかしノンシュガーはなし崩し的に結成したようなもので結束はまだしていないぷり。
 ノンシュガーはちり、ペッパーをのんちゃんがまとめるという形だけどのんちゃん自身も限界を感じてチームを組むという事は色々改心したように見せかけて122話冒頭では「ラブリー、ポップ、クールが基本・・・」と未だに自分の理想にこだわってしまっているのが分かる訳ぷり。今回の話は単に姉妹ライブするだけでなく、のんちゃんがソラミやその周囲の人からチーム結成の話を聞いて自分に足りないものを自覚してノンシュガーが本当チームになる第一歩を踏み始めるという話ぷり!
 チーム結成の回想のくだり等はソラミからノンシュガーへバトンを渡すような感じがして最高だったぷり!のんちゃんはほぼ全てにおいてらぁらより優れていると思っているからこそ絶対に参考にしたくないらぁらの事を周囲の人からの話を聞いてようやく認めた上で一緒にライブして改めて姉を超えたいという流れがキマりまくってたぷり~!!
 のんちゃんは確実に1期の時点では歌わせるつもりもないしそこまで活用する気もほとんどないと思われるキャラだったのに着実に少しずつフラグを溜めていってここまでの爆発力を実現するのは流石としか言いようがないぷり。これを計算じゃなくてノリでやるのがやはりプリリズの系譜ぷり。アイカツはいちごちゃんからあかりちゃんへの移行に さりげなく登場してました→あこがれ→ものまね→独立 みたいな流れを作りましたがあれも十分うまくやっているけど秀才的発想で天才的ではないぷり。最近のプリパラを見ていると来年の主人公はのんちゃんとしか思えない位ぷり。まぁ実際来年どうなるかは未知数ぷり・・・
 のんちゃんばっかりに目がいくけど今回は割と久々にらぁらがよくしゃべったぷり。あじみについていけるらぁらちゃんはやはりプリパラでも最高レベルのアホさ加減ぷり・・・基本年上ばかりなので姉ぶっているらぁらは貴重でかわいいぷり~!今回では周囲のらぁらちゃんに対する評価も聞けて新鮮ぷり。らぁらちゃんはバカだからこそ迷わず突っ走れるというやはり弱点こそ最大の武器というのがプリパラぷり。どこで聞いたかは忘れたけどプリパラのキャラは絶対に克服されない大きな弱点をみんな持っている・・・という話があるぷり。この弱点を受け入れて尚且つ魅力にしてしまうのがプリパラそのものの大きな魅力なのかもしれないぷり。誰にでも受け入れられるようにと嫌われやすい要素を削って受け入れられそうな設定を盛り込む方針でキャラを作ると何故か輝かないぷり・・・。それはマスコットの文法ぷり。あかりちゃん・・・嫌いじゃないけどね・・・・うん・・・・おっとこんな時間に誰か来たぷり?
 らぁのんもいいけどらぁみれもね!!ということで濃厚ならぁのん回ではあるのですがらぁらとの出会いを語るみれぃはどう聞いてもノロケぷり。本当にry…しかし122話も来て最初の頃の回想を生かすというのは非常に良いぷり。1話完結を意識したり、新規の客を意識するとこういうのはできなくなっちゃうぷり。でも長く続いている利点は生かして行くべきだと思うぷり!!
 姉とは対照的にクールな感じののんちゃんとみれぃは絶対に相性がいい!!ということで今回さらっと実現したみれぃとのんちゃんの絡みも非常に良かったぷり。若干上から目線のみれぃのアドバイスに対して礼儀正しくお礼をした後、正妻ぶっているみれぃにま~ぶるMakeUp ahahaを投げつけるの最高ぷりぷり~
 しかし今回は特殊エンディングまで使用して唐突に神回が来たぷり。プリパラでも5本の指に入るぷり。5本なら、第37話 奇跡よ起これ!ミラクルライブ、第73話 彼女がデビューする日、第84話 ポップ・ステップ・ぷりぷりぷり!、第86話 つかめ、春のグランプリ!、第122話 姉妹でかしこまっ! 辺りぷり?ガァルル、目覚めるでちゅーっ!!とかはばたけ、そふぃ!とかアイドル始めちゃいました!も捨てがたいぷり~
そういえばライブでのんちゃんのサイドテールをらぁら側に持ってきて髪の毛が交差するように配置しているの頭がいいぷり。3人だと干渉を考慮して配置するけど2人なら距離をとれるので逆に活かしてしまうという逆転の発想ぷり。
 
 ふぅ・・・色々書いたけどキャラクター同士がお互いを尊敬しているのが伝わってくる回でしたね。らぁみれに喧嘩を売れるのはらぁのんだけですよねーーーー次回はノンシュガー漂流記!!とりあえず無人島に送り込んで友情を育めという雑な展開いいぞい


Highslide for Wordpress Plugin